教育レベルの低下を防ぐには

休校の影響で子どもには大量の宿題が
2020年は、コロナウィルスの発生および蔓延により、世界中が大混乱に陥りました。
そして日本では「緊急事態宣言」により、小・中・高等学校が突然2週間休校し、その後休校措置は解除されることなく、約3か月近くも子どもたちは学校に通うことができませんでした。
そんな中文部科学省は4月10日、休校期間中は学校指示のもと、履修範囲を家庭学習によって進め、その範囲の授業はしなくてよいという見解を出しました。
つまり、学校から配布されるプリント類などの宿題をこなすことで、授業の代わりとするということです。
お子さんを持つ方なら共感できるかと思いますが、そのプリントやワークの多いこと!
家庭学習という、ただでさえなかなか集中できない環境で、大量の課題に取り組まなければならない子どもたち。
オンラインLive教育事業者バンザンが主張するように、これでは勉強を嫌いになってくれ!と言わんばかりです。

子どもたちの学力、やる気の低下の原因
親としては、無視できない問題である「コロナ休校による学力・やる気の低下」。
その他にも、子どものやる気をなくす問題はたくさんあるといえます。
例えばバンザンは、現在の教育環境について、
・周りに良い塾や家庭教師がおらず、子どもに合った教育法が選べない。
・金銭的な問題で、学力が追い付いていないと分かっても、対応することができない。
・忙しくて、子どもの宿題のサポートをすることができない。
このような問題があると考えているそうです。
これらの問題の原因は結局、子どもの学力を上げ・やる気を引き出せる優秀な人材がいない、いても高額すぎて依頼できない。
ということに集約されるとバンザンは考えているそうです。

教育レベルの下落を防ぐには?
日本の教育レベルは、東京を始めとする都市部に一極集中しているといいます。
良い学校に行くためには、都市部にある塾まで長距離・長時間をかけて通うか、大金を投じて優秀な家庭教師に来てもらう必要があるということになります。
この教育機会の暗黙の不平等、子どもたちのやる気がそがれ、学力が低下する根本の原因を解決するために、急速に広まっているのが、バンザンのオンラインLive教育事業を含む「EdTech(エドテック)」と呼ばれるものだそうです。
Education(教育)とTechnology(テクノロジー)とを組み合わせた造語であるエドテックは、テクノロジーを活用し教育を行うビジネス企業・モデルの総称だそうです。
コロナ休校も手伝い、今やエドテックは急速に広がりつつあるようです。
バンザンが提供する、オンラインLive授業では、従来の一方通行の映像授業と違い、生徒と教師の双方向で通信を行うそうです。
それはまるで実際に隣で家庭教師に教えてもらっているような臨場感を子どもに与え、子どもを飽きさせず、子どもの気持ちに寄り添った指導を行うことができるそうです。
コロナの影響が残り、今後の先行きが不透明な今、自宅で指導を受けることができるバンザンのオンラインLive授業なら、コロナ感染のリスクも減らすことができそうです。
コロナを予防しながら、バンザンのようなオンラインLive授業で、お子さんのやる気や学力をアップさせることが、今後のトレンドになっていくと思われます。

カテゴリー: 未分類