オンラインLive教育とは?

生まれがモノをいう社会
熊沢蕃山という人を知っていますか?
彼は江戸時代初期の陽明学者でした。
備前岡山藩の藩政に参与し、後に家老となって藩政を指導するのですが、
「庶民の暮らしの向上なくして繁栄なし、領民への仁政こそ国の基本」。
と、後の時代の藩校に先駆けて、日本初の「庶民学校」を作り、領民に広く教育の機会を与えようとしました。
当時は、生まれにより職業や収入、そして学歴もほぼ決まってしまうことが当たり前の世の中だったそうです。
そんな世の中を疑問視し、変えたいとした蕃山の先見の明には驚かされます。
教育の機会が平等にあり、公平で開かれた社会は、明治時代になりようやく求められるようになりました。
しかし、蕃山の時代から400年以上たった現在に至っても、教育の機会は平等ではあるといえないでしょう。
教育の中枢はあくまで東京などの都市部であり、高い学力を身につけるためには、子どもを都市部の塾や予備校へと通わせなければなりません。
そして人気の塾や予備校、質の高い家庭教師に習うためには、多額の費用がかかります。
もし、保護者が「これ以上は無理、仕方ない」とあきらめてしまったら。
生まれがモノをいう社会は、このまま永遠に続いてしまうでしょう。
それではダメだ、と立ち上がったのが、蕃山の名を社名に掲げるバンザン株式会社です。

オンラインLive教育とは?
バンザンのオンラインLive教育事業は、次の3つに分かれているそうです。

① オンライン家庭教師(マンツーマン指導)
訪問型の家庭教師とは異なり、バンザンのオンライン家庭教師は、パソコンやタブレットなどを通じて指導を受ける形式だそうです。
大手予備校・塾のオンライン授業とは異なり、バンザンのオンライン家庭教師の授業では、一方通行の映像授業ではなく、カメラやマイクを通じて、双方向のやり取りを行うので、まるで先生が隣にいるような感覚で指導を受けることが可能なのだそうです。

② オンライン少人数指導(グループ)
例えばAO入試などで行われる、グループミーティング形式の課題に対し、バンザンのオンライン授業では、少人数制のグループで授業を行うことにより対応しているそうです。
熟練した指導者が必要な面接の練習も、オンライングループ授業により、臨場感を持って練習することが可能だそうです。

③ オンラインLive校(クラス)
地方や海外に住んでいる子どもたちと、都市部に暮らす子どもたちが、同じクラスで同じ授業を受け、話し合い、課題解決に向けて動く。
バンザンが目標とする、オンラインLive教育の集大成とも言える形式がこれだということです。

オンラインLive教育の目指すもの
オンラインLive教育を通じて、バンザンが目指しているのは、
・地域ハンデや収入ハンデによる教育格差をなくしていくこと。
・塾や学校、予備校などに適応できないような子どもたちに対しても、側に寄り添い、共に問題を解決していけるようなきめ細やかな授業を提供すること。
・サービスを通じて、子どもの進路に不安を持つ保護者のサポートも行い、安心して見守るゆとりを持ってもらうこと。
この3つだそうです。
オンライン教育事業を担うバンザンの願いは、生まれがモノをいう前時代的社会をなくし、貧しい子どもでも、離島の子どもでも、はては海外に住んでいる子どもでも、レベルの高い教育を平等に受けることのできる社会を実現することなのだそうです。

カテゴリー: 未分類

オンライン家庭教師って何?

教育にテクノロジーを!オンライン家庭教師とは?
みなさんは「オンライン家庭教師」という言葉を聞いたことがありますか?
オンライン、家庭教師、と単語を分ければ何となく想像がつくかと思います。
家庭教師とは、生徒の家庭を訪問し、マンツーマンで勉強を教えてくれる教師のことです。
テレビCMなどでよく見かける大手家庭教師派遣サービス会社などがない時代、家庭教師は個人的なつながりで契約していたため、教師の質や料金などにかなりのばらつきがあったそうです。
現在は家庭教師派遣サービス会社に依頼する方がほとんどのようですが、その場合教師の質はある一定の基準を満たしているものの、家庭教師の質により料金に差が生じるようになりました。
つまり難関校への合格実績があるような、ハイレベルの家庭教師に依頼しようとすると、高額な料金を覚悟しなければならなくなりました。
また、そのようなハイレベルの家庭教師は、東京をはじめとする都心部に集中し、地方に住む生徒には、依頼することすら不可能でした。
ハイレベルの家庭教師の講義を、テクノロジーを駆使して、いつでも、どこにいても、低額な料金で依頼できる仕組みが、オンラインLive教育のバンザンが提供する、オンライン家庭教師なのだそうです。

オンライン家庭教師のメリット
バンザンによると、オンライン家庭教師に依頼するメリットには、以下のようなものがあるそうです。
・どこに住んでいても、インターネット環境さえあれば、バンザンに在籍するハイレベルな家庭教師の授業を受けることができる。
・家庭教師が家に行く必要がないので、より多くの生徒に授業を提供でき、その分料金を安価にできる。
・画面を通じてのやりとりなので、例えば部屋着でリラックスした状態でも、授業を受けることができる。
このように、バンザンのオンライン家庭教師には、家庭教師を実際に派遣してもらうよりも、多くのメリットがあるようです。

オンライン家庭教師の評判
バンザンの提供するオンライン家庭教師ですが、実際に派遣される家庭教師と比べ、子どもたちの反応はどうなのでしょうか。
バンザンがオンライン家庭教師の授業を実際に受けている生徒にアンケートを取ったところ、講師とのコミュニケーションは取りやすいかどうかの質問に、約91.5%の人がオンラインの方が取りやすい、対面と変わらないと答えているそうです。
また画面は見やすいですか?との質問には、92.9%の人が思ったより見やすい、問題ないと答えているそうです。
最後に実績・経験があるプロ講師にオンラインで教わるのと、そうでない講師に対面で教わるならどちらがいいですか、との質問には100%の人が実績のある講師に教わりたいと答えているそうです。
これらの回答からも、バンザンの提供するオンライン家庭教師は、実際に家庭教師から対面で指導を受けるのと変わらない品質を有しているであろうことがお分かり頂けるのではないでしょうか。
質の高い家庭教師を、低額で依頼したいなら、バンザンのオンライン家庭教師を考えてみるのも良いかも知れません。

管理人推奨サイト▷▷▷ 採用情報 | 株式会社バンザン

カテゴリー: 未分類

オンライン教育構想のはじまり

教育はいつの時代も必要とされるはず!
株式会社バンザンのCEO、山田博史氏が大手メガバンクを退職し、教育事業を起こそうとした際、周りの人にこう言われたそうです。
教育産業は停滞産業だ、何故今更そんな分野に手を出すのだ?と。
そんな周囲の声に対して山田氏は、こう考えていたそうです。
教育はいつの時代にも必要とされる社会のインフラである。
新しいイノベーションを起こせば、まだまだ伸びる、と。
山田氏がバンザンの前身となる、家庭教師派遣会社を設立した1995年と言えば、阪神淡路大震災、オウム真理教による地下鉄サリン事件など、悲惨な事件、できごとが相次ぎ、なおかつ景気は減退し、若者の就職難が問題となっていました。
当時はインターネットもそこまで普及しておらず、PHS(簡易型携帯電話)が発売されたばかり。
そんな状況の中、学校や塾、通信教育以外の事業モデルを求めて始まったのがバンザンのオンライン教育構想だそうです。

ある生徒の涙にふれて
今のようにネット環境が整っていなかった時代に始まったバンザンの歩みは、その手段として訪問型の家庭教師派遣事業から始まったそうです。
家庭教師によるマンツーマンの指導は、その頃主流だった塾や予備校の集団授業に比べ、子どもの個性を活かし、心のケアを含めたきめ細かな指導を行えるという点では、はるかに優良であるといえるでしょう。
しかし、家庭教師が優秀であればあるほど、また訪問の頻度を密にすればするほど、その料金も上がっていきます。
いくら子どものために必要だとわかっていても、金銭的な理由でそうできない家庭もあったようです。
山田氏が出会ったある生徒の家庭もそのような家庭だったそうです。
中学受験を控え、家庭教師の訪問頻度を上げなければ、合格することが難しいとわかっていながら、親はその選択をすることができず、結局その生徒は合格できなかったそうです。
しかし、親や会社がある意味予想通りの結果として受け入れたその不合格に、彼は涙したといいます。
彼の涙を見た時、山田氏は決心したそうです。
お金が、合格の前に立ちふさがる壁になってはいけない。
優秀な人材や塾がそろっている都市部と、そこに通うことができない地方との距離の壁もあってはならない。
この壁を取り払うことが、自分の使命だと。

始まり、広がるオンラインLive教育の波
経済格差、地方格差のために涙する子どもたちをこれ以上増やさないために、バンザンは力強く歩み始めたそうです。
2008年、バンザンは1,5000人を超えるプロ家庭教師の中から、高い実績を誇る教師の事業をコンテンツ化し、リリースするオンラインサービスを開始し、2017年より、ネット環境の普及に伴って、全国47都道府県、欧米、アジアなどの海外にもそのサービスの範囲を広げているそうです。
そして2020年には、少人数制のオンライン指導サービスも開始したそうです。
2021年のオンラインLive校OPENに向け、バンザンはこれからも歩みを止めることはないということです。

カテゴリー: 未分類

家庭教師サービスの将来像

家庭教師にはどんなイメージがありますか?
みなさんは、家庭教師というものにどんなイメージを持っているでしょうか?
家庭教師に教えてもらう生徒の立場なら、気さくな大学生のお兄さん、お姉さんと一緒に勉強する、楽しいイメージを思い浮かべるかも知れません。
一方、親世代のみなさんなら、子どものためにマンツーマンで勉強を教えてくれて、塾よりも成績が上がりそうだけど、塾よりも月謝が高そう…、家には無理かもなあ、と思う方が多いと思います。
複数の生徒を一人の先生が教える集団授業に比べ、一人の先生が一人の生徒を教える家庭教師では、どう考えても負担額が大きくなるのは仕方のないことでしょう。
また、知人や親せきの大学生に頼むのと、何人もの生徒を合格に導いたプロの家庭教師にお願いするのとでは、プロ家庭教師の方が高料金なのも当然といえば当然といえます。
家庭教師は高い、そんな考えから、わが子が集団授業に合わないと分かっていても、家庭教師を諦めている保護者の方は多いと聞きます。
しかしバンザンは、その認識を変えたいと家庭教師サービス事業に乗り出したそうです。

家庭教師サービスの種類
バンザンが提供している家庭教師サービスには、2つの種類があるそうです。

①派遣型家庭教師サービス
こちらは従来のように、実際に家庭教師を派遣するサービスです。
バンザンでは約2万名もの登録家庭教師の中から、事前に生徒や保護者との面談によって、その子の性格や学習スタイルにふさわしい家庭教師を選び出し、きめ細かな指導を行っていくのだそうです。

②オンライン型家庭教師サービス
こちらは、オンライン環境(インターネット)を利用したサービスです。
今までは良い家庭教師を望んでも、その家庭教師が都市部に住んでいる場合、離島や田舎に住んでいる子どもたちは、物理的な距離のせいで彼らに教えてもらうことができませんでした。
しかしバンザンのオンライン型家庭教師なら、都心部の優秀な家庭教師の指導を、いつでも、どこでも受けることができ、また一人の家庭教師の担当人数を増やせることから、費用も押さえることができるそうです。

理想の家庭教師サービスとは?
バンザンは、家庭教師サービスを通じて、
・その子の可能性を証明する。
・子どもに自信と達成感に満ちた笑顔を提供する。
・家族に安心と誇りを提供する。
ことを事業ミッションとしているそうです。
これを実現するために、バンザンでは指導力の高いプロ家庭教師を育てる目的で、過去4万人の指導実績のノウハウをデータとして蓄積しているそうです。
また登録家庭教師の中から、子どもの適正や性格に適した教師を選び出せるよう、教師の紹介まで1週間もの時間をかけて選別しているそうです。
さらに指導品質を高めるため、高い指導実績を持つ講師の指導方法を、定期的に他の講師に周知させるなど、高い専門性を持つ家庭教師を育てる努力を惜しまないそうです。
バンザンの事業ミッションは、まさに将来の家庭教師サービスと言えるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類

教育レベルの低下を防ぐには

休校の影響で子どもには大量の宿題が
2020年は、コロナウィルスの発生および蔓延により、世界中が大混乱に陥りました。
そして日本では「緊急事態宣言」により、小・中・高等学校が突然2週間休校し、その後休校措置は解除されることなく、約3か月近くも子どもたちは学校に通うことができませんでした。
そんな中文部科学省は4月10日、休校期間中は学校指示のもと、履修範囲を家庭学習によって進め、その範囲の授業はしなくてよいという見解を出しました。
つまり、学校から配布されるプリント類などの宿題をこなすことで、授業の代わりとするということです。
お子さんを持つ方なら共感できるかと思いますが、そのプリントやワークの多いこと!
家庭学習という、ただでさえなかなか集中できない環境で、大量の課題に取り組まなければならない子どもたち。
オンラインLive教育事業者バンザンが主張するように、これでは勉強を嫌いになってくれ!と言わんばかりです。

子どもたちの学力、やる気の低下の原因
親としては、無視できない問題である「コロナ休校による学力・やる気の低下」。
その他にも、子どものやる気をなくす問題はたくさんあるといえます。
例えばバンザンは、現在の教育環境について、
・周りに良い塾や家庭教師がおらず、子どもに合った教育法が選べない。
・金銭的な問題で、学力が追い付いていないと分かっても、対応することができない。
・忙しくて、子どもの宿題のサポートをすることができない。
このような問題があると考えているそうです。
これらの問題の原因は結局、子どもの学力を上げ・やる気を引き出せる優秀な人材がいない、いても高額すぎて依頼できない。
ということに集約されるとバンザンは考えているそうです。

教育レベルの下落を防ぐには?
日本の教育レベルは、東京を始めとする都市部に一極集中しているといいます。
良い学校に行くためには、都市部にある塾まで長距離・長時間をかけて通うか、大金を投じて優秀な家庭教師に来てもらう必要があるということになります。
この教育機会の暗黙の不平等、子どもたちのやる気がそがれ、学力が低下する根本の原因を解決するために、急速に広まっているのが、バンザンのオンラインLive教育事業を含む「EdTech(エドテック)」と呼ばれるものだそうです。
Education(教育)とTechnology(テクノロジー)とを組み合わせた造語であるエドテックは、テクノロジーを活用し教育を行うビジネス企業・モデルの総称だそうです。
コロナ休校も手伝い、今やエドテックは急速に広がりつつあるようです。
バンザンが提供する、オンラインLive授業では、従来の一方通行の映像授業と違い、生徒と教師の双方向で通信を行うそうです。
それはまるで実際に隣で家庭教師に教えてもらっているような臨場感を子どもに与え、子どもを飽きさせず、子どもの気持ちに寄り添った指導を行うことができるそうです。
コロナの影響が残り、今後の先行きが不透明な今、自宅で指導を受けることができるバンザンのオンラインLive授業なら、コロナ感染のリスクも減らすことができそうです。
コロナを予防しながら、バンザンのようなオンラインLive授業で、お子さんのやる気や学力をアップさせることが、今後のトレンドになっていくと思われます。

カテゴリー: 未分類