家庭教師サービスの将来像

家庭教師にはどんなイメージがありますか?
みなさんは、家庭教師というものにどんなイメージを持っているでしょうか?
家庭教師に教えてもらう生徒の立場なら、気さくな大学生のお兄さん、お姉さんと一緒に勉強する、楽しいイメージを思い浮かべるかも知れません。
一方、親世代のみなさんなら、子どものためにマンツーマンで勉強を教えてくれて、塾よりも成績が上がりそうだけど、塾よりも月謝が高そう…、家には無理かもなあ、と思う方が多いと思います。
複数の生徒を一人の先生が教える集団授業に比べ、一人の先生が一人の生徒を教える家庭教師では、どう考えても負担額が大きくなるのは仕方のないことでしょう。
また、知人や親せきの大学生に頼むのと、何人もの生徒を合格に導いたプロの家庭教師にお願いするのとでは、プロ家庭教師の方が高料金なのも当然といえば当然といえます。
家庭教師は高い、そんな考えから、わが子が集団授業に合わないと分かっていても、家庭教師を諦めている保護者の方は多いと聞きます。
しかしバンザンは、その認識を変えたいと家庭教師サービス事業に乗り出したそうです。

家庭教師サービスの種類
バンザンが提供している家庭教師サービスには、2つの種類があるそうです。

①派遣型家庭教師サービス
こちらは従来のように、実際に家庭教師を派遣するサービスです。
バンザンでは約2万名もの登録家庭教師の中から、事前に生徒や保護者との面談によって、その子の性格や学習スタイルにふさわしい家庭教師を選び出し、きめ細かな指導を行っていくのだそうです。

②オンライン型家庭教師サービス
こちらは、オンライン環境(インターネット)を利用したサービスです。
今までは良い家庭教師を望んでも、その家庭教師が都市部に住んでいる場合、離島や田舎に住んでいる子どもたちは、物理的な距離のせいで彼らに教えてもらうことができませんでした。
しかしバンザンのオンライン型家庭教師なら、都心部の優秀な家庭教師の指導を、いつでも、どこでも受けることができ、また一人の家庭教師の担当人数を増やせることから、費用も押さえることができるそうです。

理想の家庭教師サービスとは?
バンザンは、家庭教師サービスを通じて、
・その子の可能性を証明する。
・子どもに自信と達成感に満ちた笑顔を提供する。
・家族に安心と誇りを提供する。
ことを事業ミッションとしているそうです。
これを実現するために、バンザンでは指導力の高いプロ家庭教師を育てる目的で、過去4万人の指導実績のノウハウをデータとして蓄積しているそうです。
また登録家庭教師の中から、子どもの適正や性格に適した教師を選び出せるよう、教師の紹介まで1週間もの時間をかけて選別しているそうです。
さらに指導品質を高めるため、高い指導実績を持つ講師の指導方法を、定期的に他の講師に周知させるなど、高い専門性を持つ家庭教師を育てる努力を惜しまないそうです。
バンザンの事業ミッションは、まさに将来の家庭教師サービスと言えるのではないでしょうか。

カテゴリー: 未分類